::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::因島の除虫菊(白花虫除菊)

除虫菊は、ペルシャ地方の原産で、明治期に日本に伝わり

殺虫剤や蚊取り線香の原料として栽培されていました。

中でも因島は日本有数の産地として誇り

旧因島市の市花でもありました。

毎年五月には島の山野の斜面を、白一色に染め上げ

島の風物詩となっていたそうです。


青い海と空の間に白い花、本当に綺麗だったろうと想像します。

時には昔の暮らしを想像してみるのも楽しいものです。



除虫菊01



除虫菊02



除虫菊03

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ


読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
日常 コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


::因島自由大学

title.gif


故郷因島で年一回開かれる、「因島自由大学」に参加してきました。

今年でなんと第16回目を迎えるとのこと・・・、

今回の講義は『津波と原発』と題して、ノンフィクション作家の佐野眞一先生のお話でした。

福島第一原発のお話から、木嶋佳苗や東電OL殺害事件、孫正義さんのお話など

多岐にわたり、先生が今、関心をもたれている事についてお話し頂きました。

内容は総じて、事件事故から見えてくる、今の日本の社会状況や

ジャーナリズムの危機的状況への危惧などでした。


目に見えないモノや、見えてる表層の裏側、起こっている物事のその先など

それらを想像する力がなにより大切で、その想像力の程度や質が

その国や地域の民度となって現れているような気がして

私自身日々想像力を鍛える訓練をしなければと

焦りのようなモノを感じました。


大学の発起人である大出俊幸さんの設立趣旨


「私たちは『井の中の蛙、大海を知らず』にならないために

今、“因島自由大学”を創ることを宣言しま す。

手作りの大学です。

そして「されど天の深さを知る」と言える人間になりたいと思います。

因島にいる人も、故郷を離れて暮らしている人も

日本全国どなたでも醵金をして、自由大学に参加してほしいと思います。」(抜粋)


に賛同し、「島国の中の島」 で生まれ育った私は

これからも因島自由大学の学生を続けていこうと思います。



因島自由大学


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ


読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
日常 コメント:(0) トラックバック:(1) △ page top


::尾道 春の味覚

友人、知人から、尾道の春の味覚をいただきました。

朝取りのタケノコに、朝釣りのスズキにクロハギ、それに鯛です。

どれも大きく立派なモノばかり・・・

たくさんいただいたので、スタッフとご近所さんにお裾分けです。


それにしても、地元の新鮮な自然の恵みを食せることは

本当に幸せなことです。

感謝 ! カンシャ !



タケノコ



スズキ

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ

↑ 読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
日常 コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


::尾道春爛漫 !
春真っ盛り !

尾道近辺の桜を愛でてきました。




春爛漫-00



春爛漫-01



春爛漫-02



春爛漫-03



西国寺の桜01



西国寺の桜02



西国寺の桜03



千光寺山の夜桜




始まりの春です。

いつもの事を、新たな気持ちで取り組めば

また何か発見があるかも知れません。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ

↑ 読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
日常 コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


::進水式へ

事務所の近くの造船所で、進水式があり、行ってきました。

島育ちの私には、小さい頃から船は身近な乗り物で

よく進水式を見に行き、迫力に圧倒され

とても感動していたのを思い出しました。


故郷因島は造船業と共に発展し

小学生の頃は、人口4万人を超え、映画館やボーリング場も沢山あって

世界航路を巡る大きなタンカーや、色んな国のひと達を目にして

子供心に世界への広がりを感じワクワクしたものです。


造船業の斜陽とともに人口も減り、友人知人の多くが島を離れ

海でよく見たスナメリクジラの姿も無くなり、寂しい限りですが

なんとか、もともと持っている島の個性を発掘し育み、活気を取り戻し

後世に伝えていきたいものです。


進水式1



進水式2



進水式3



進水式4



進水式5


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ

↑ 読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
日常 コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。