::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::因島自由大学

title.gif


故郷因島で年一回開かれる、「因島自由大学」に参加してきました。

今年でなんと第16回目を迎えるとのこと・・・、

今回の講義は『津波と原発』と題して、ノンフィクション作家の佐野眞一先生のお話でした。

福島第一原発のお話から、木嶋佳苗や東電OL殺害事件、孫正義さんのお話など

多岐にわたり、先生が今、関心をもたれている事についてお話し頂きました。

内容は総じて、事件事故から見えてくる、今の日本の社会状況や

ジャーナリズムの危機的状況への危惧などでした。


目に見えないモノや、見えてる表層の裏側、起こっている物事のその先など

それらを想像する力がなにより大切で、その想像力の程度や質が

その国や地域の民度となって現れているような気がして

私自身日々想像力を鍛える訓練をしなければと

焦りのようなモノを感じました。


大学の発起人である大出俊幸さんの設立趣旨


「私たちは『井の中の蛙、大海を知らず』にならないために

今、“因島自由大学”を創ることを宣言しま す。

手作りの大学です。

そして「されど天の深さを知る」と言える人間になりたいと思います。

因島にいる人も、故郷を離れて暮らしている人も

日本全国どなたでも醵金をして、自由大学に参加してほしいと思います。」(抜粋)


に賛同し、「島国の中の島」 で生まれ育った私は

これからも因島自由大学の学生を続けていこうと思います。



因島自由大学


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ


読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
日常 コメント:(0) トラックバック:(1) △ page top


<<prevホームnext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【因島自由大学】
故郷因島で年一回開かれる、「因島自由大学」に参加してきました。今年でなんと第16回目を迎えるとのこと・・・、今回の講義は『津波と原発』と題して、ノンフィクション作家の佐野
2012/05/21 20:42│まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。