::瀬戸内の心地よい住まいのしつらえ-重井の平屋編-9

和室の続き部屋は、今でも地方では多い贅沢な要望です。

特に家系の本家ともなると、必ずお盆とお正月には

親戚一同が集まって泊まっていくようです。


和室の良いところは、面積に対する人数や

仕様用途の範囲が限定されず、簡単な建具の仕切方で

変幻自在に変えられるところです。


洋室では、こうはいきません。


日本の古い家屋を訪ねると、この和室の続き間は

年に数度の使用にもかかわらず

大体、その家の一番環境の良い東南側に位置していて

当の住人の日常は、北や西の劣悪な環境で生活していることが

多く見受けられます。


住まいの形式は、その時代や社会をよく現していると言われますが

まさに、少し前の日本の家屋は

「見栄」の社会の象徴のような形式を取っています。


重井の平屋09
・8畳と6畳の和室の続き間です。
・欄間は透明ガラスを入れて、視覚的な二室のつながりを重視しました。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

広島ブログ

↑ 読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト
心地よい住まい コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


<<prevホームnext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する