::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::アントニン・レーモンド展へ・・・

アントニン・レーモンド展表紙blog




今開催中の「アントニン・レーモンド展」へ行って来ました。


「日本近代建築の父 アントニン・レーモンドを知っていますか-銀座の街並み・祈り」


と題して、レーモンド自身の作品である教文館ビルにて 代表作を模型や図面、写真等で展示しています。


展示の中の「建築家アントニン・レーモンドの五原則」がとても示唆に富み

心に留めておきたい言葉だったのでご紹介します。


1.直裁性 クライアントからの抽象的な要求を目的空間として構成し、機能を最重要視すること

2.単純性 虚飾を排し、無駄、無意味な空間を造らず、これ以上削ぐものがない状態まで簡素に徹する心

3.経済性 費用を無駄なく有効に使いながら、贅肉を付けない端正な仕上がりを心がけ、
        完成後の維持・管理費等のライフサイクルコストに十分配慮する必要性

4.自然主義 資材は出来る限り自然素材を使い、既存の樹木や敷地形状などの
         周囲の環境を保持するためにも、自然を損なわずに活用する姿勢

5.民主的な建築 建築は個性的、人間的でなければならないという根本原則



「最も簡潔にして直裁、機能的にして経済的、かつ自然なるもののみが真に完全なる美を有するものである」


3月10日(木)まで開催中です。


アントニン・レーモンド展裏blog

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ



読んで下さった方は、ポチッとひと押しお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
お知らせ コメント:(0) トラックバック:(0) △ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。